キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 臨床試験の内容と結果について : もしもの時のひざサポートコラーゲンの傾向

SITE MENU

powered by 撮影スタジオ.jp

もしもの時のひざサポートコラーゲンの傾向

[+IMAGEALT+]

ひざサポートコラーゲンの臨床試験の内容と結果についてです。痛みが出る前から摂取すると良い効果が期待できます。

臨床試験の内容と結果について

ひざサポートコラーゲンは、機能性表示食品として発売されています。

膝関節のサプリメントとしては珍しいため、効果が期待されています。

機能性表示食品として認められるには、臨床試験を行い、その結果を提出しなければならないのですが、その試験内容と結果についてまとめました。

【どんな臨床試験が行われたか】

膝関節に不安がある中高年29人に対し、16週間にわたって臨床試験は行われました。

膝関節の痛みが強く、病院で治療している人は含まれていません。

試験内容は、15人にコラーゲンペプチドを、残り14人にはプラセボ(偽薬)を摂取してもらいました。

【どんな効果があったのか】

16週間続けて摂取してもらったのですが、早い人では4週目から、多くの人が8週目で何らかの良い効果を感じたという結果が出ています。

特に膝の曲げ伸ばしや動かしやすさを実感した人が多くいます。

【効果があまりなかったのは】

膝の曲げ伸ばしや動かしやすさには良い効果を感じていた人が多いのですが、痛みが取れたという人はあまりいませんでした。

痛みの緩和については、ひざサポートコラーゲンはあまり良い効果がみられないという結果になりました。

【早めに摂取を始めれば良い効果が】

ひざサポートコラーゲンには、痛みを改善する効果はあまり見られないのですが、膝関節の曲げ伸ばしについては楽になったという結果が出ています。

痛みが出る前の段階から摂取し始めると、痛みを感じることなく、元気に歳を重ねていけるのではないでしょうか。

もしもの時のひざサポートコラーゲンの傾向 Copyright www.ajforidaho.com.All Rights Reserved.